[ditty_news_ticker id=”10107″]

弁護士に依頼すると
多くのケースで賠償金が大幅に上がります

数百万円、数千万円上がることも珍しくありません。弁護士なら、
相手方に対し、裁判基準によって交渉することができるからです。

  • 裁判基準で支払われるべきなのに…

    裁判基準とは、賠償金の額を決める基準のうちのひとつの名称です。実は、 賠償金の額を決める基準は複数あります。そのうちもっとも低いものが自賠責保険基準、高いものが裁判基準と呼ばれます。

    本来、交通事故被害者に支払われる賠償金は裁判基準を元にしたものになるべきなのですが、保険会社が提示する賠償金の額は、ほとんどのケースで自 賠責保険基準を元に計算されたものとなっています。

  • 保険会社が受付けてくれない!?

    個人で交渉しようとしても保険会社に受付けてもらえないため裁判基準で交渉することはできませんが、弁護士ならそれが可能なのです。

    サリュは、交通事故事件の経験が豊富ですので、過去の事件に照らし合わせ 賠償金がいくらになるかをスピーディに概算することができます。被害状況 等をお教えいただけますと、無料相談の段階で具体的な金額についてお話さ せていただくことが可能です。

  • 慰謝料は賠償金の一部分です。

    賠償金は逸失利益など、慰謝料以外も含めたものの名称です。自賠責保険では、下図は後遺障害等級に応じた賠償金のうち、慰謝料の部分のみの例を示 した表ですが、賠償金の一部分である慰謝料だけでもこれほどの差が出るのです。

    また、死亡した場合について自賠責保険においては、本人の慰謝料は、原則 350万円となり、加えて遺族の慰謝料として請求権者1人の場合は550万円、 2人の場合には650万円、3人以上の場合は750万円とされています。

    つまり自賠責保険によると、死亡事故の慰謝料は1000万円前後となります。

    これが裁判基準によると一気に増額するのです。一家の支柱である被害者が 死亡した場合には2800万円、被害者が母親または配偶者の場合には2400 万円、その他の場合で2000万円~2200万円となり、賠償金の一部分である 慰謝料だけでもこれほどの差が出るのです。
後遺障害
等級
自賠責保険
基準
 裁判基準 
第1級 1,100万円
(1600万円)
2,800万円
第2級 958万円
(1163万円)
2,370万円
第3級 829万円 1,990万円
第12級 93万円 290万円
第13級 57万円 180万円
第14級 32万円 110万円
サリュならもっと

サリュならもっと、応えます

  • もっと!
    01
    後遺障害等級認定の申請・異議申立て

    医師が必ずしも適切な内容の後遺障害診断書を書けるとは限りません。サリュなら治療中からサポート、後遺障害診断書作成のアドバイスもできます。
    詳しく⇒
  • もっと!
    02
    豊富な経験で請求漏れの心配なし!

    請求項目は多岐に渡り、とても専門的で複雑です。 示談は、示談書にサインしてしまってからでは遅いのです。 サインする前にお早目のご相談をおすすめします。
    詳しく⇒
  • もっと!
    03
    慰謝料が裁判基準より増額したケース多数

    サリュでは、慰謝料を裁判基準で請求することは当然として、 特別事情を立証して裁判基準よりも増額したケースが数多くあります。
    詳しく⇒
  • もっと!
    04
    保険会社対応などのストレスから解放

    依頼者の方に代わってサリュが交渉・書類作成などを行います。 サリュなら、弁護士に聞きにくいこともリーガルスタッフに気軽に相談できる!
    詳しく⇒
  • もっと!
    05
    被害者側専門として実績豊富な法律事務所

    サリュは、創業者・谷の保険会社顧問弁護士の経験によって、その理不尽さと戦うために被害者側専門の弁護士法人となりました。サリュの弁護士・スタッフは医療知識にも精通しています。
    詳しく⇒
  • もっと!
    06
    相談料・着手金0円,一律料金で完全後払い

    サリュの料金体系は、シンプルでわかりやすい一律料金なうえ、 弁護士費用は完全後払いのため、お客様ご自身に資金を準備して頂く必要がありません。
    詳しく⇒
「サリュならもっと」を詳しく?
サリュの解決事例

事例1:
全面勝訴
Mさん(女性)41歳 ≪自営業≫ 鎖骨骨折 バイクで走行中に追突され、2年近く通院
全面勝訴 最終賠償額:1,700万円

事例2:
1,091万円増額
Sさん(女性)63歳 ≪専業主婦≫ 左肩鎖関節脱臼の傷害 車を運転中、車線変更をする車に衝突された。
最終賠償額:1,471万円(3.9倍) 後遺障害等級:10級10号

事例3:
4等級UP
I さん(男性)29歳 ≪会社経営者≫ 右肩関節を損傷、 右肩の痛みと可動域制限の障害が残存 バイクで走行中に車のドアが急に開き、衝突。
後遺障害等級:10級10号 最終賠償額:1,700万円

事例4:
820万円増額
Fさん(女性)41歳 ≪専業主婦≫ 外傷性頚部症候群、 両手の痺れ、痛み等の障害が残存 自転車走行中に車と衝突。約10か月治療を行う。
最終賠償額:900万円(11倍) 後遺障害等級:12級13号

その他のサリュの実績はこちら
初期費用

初期相談・着手金0円

損害賠償金の取得まで費用は かかりません。

弁護士費用

費用完全後払い

20万円+賠償金の10%

裁判所に収める手数料等の実費が別途かかります。

※弁護士費用特約がある場合には上記とは異なる費用体系となります。
 

保険会社に弁護士費用を負担してもらえる

弁護士特約をご存知ですか

ご安心ください

事務所にお越しいただいたからといって、
依頼しなければならないということはありません。
遠慮無く無料相談をご利用ください。

ご安心ください

事務所にお越しいただいたからといって、
依頼しなければならないということはありません。
遠慮無く無料相談をご利用ください。


お気軽にお問い合わせください
Copyright (C) 2018 相続放棄手続 弁護士法人サリュ All Rights Reserved.プライバシーポリシー
メニュー
上へ